公益財団法人宮城県結核予防会
ホーム事業内容健康診断結核とは複十字シール運動アクセスお問い合わせ当法人について

当法人について

理事長挨拶

理事長挨拶

法人情報

基本理念
宮城県結核予防会の基本理念を”忠益”(=「真心を尽くして世の益になる」)と定め、”予防による健康社会の創出”
をモットーとして活動していきます。

事業目的
宮城県民の保健福祉の向上を図ることを事業目的としています。


法人のあゆみ
 
昭和15年  8月30日 支部設立
昭和29年  4月 可搬式レントゲン装置を購入し、健康診断の受託を開始
   7月 1日 健康相談所「興生館」診療開始
   9月15日 指令第9048号により民法第34条による公益法人として許可される
  10月 4日 財団法人結核予防会宮城県支部として登記
昭和33年 11月15日  結核検診車「けいりん2号」本部から配車される
昭和36年  5月19日
  ~20日
仙台市・東北大学記念講堂にて総裁秩父宮妃殿下ご臨席のもとに、第12回結核予防全国大会開催
昭和39年  2月 1日 気仙沼支所設置(気仙沼市)
昭和40年 12月10日 結核予防センター竣工
昭和41年  4月 1日 結核回復者社会復帰相談室を設置
昭和44年  4月 1日 県北支所設置(瀬峰町)
昭和46年 12月 7日 健康相談所「興生館」全面改築
昭和52年  4月 X線写真読影委員会設置
昭和53年  4月 肺がん喀痰細胞診検査を開始
昭和54年  8月 1日
 8月 1日
結核対策功労賞の表彰規程制定
心電図・眼底写真読影委員会設置
昭和55年  9月 9日 第1回結核対策功労賞の贈呈
昭和57年  2月26日 宮城県肺がん対策協議会を発足させ、本格的な肺がん検診を始める
昭和62年  6月15日 支部建物増築並びに改修工事竣工
平成 2年  9月29日 支部創立50周年記念式挙行
平成10年  3月20日 複十字健診センター竣工
平成10年  7月 1日 支部事務局を、仙台市青葉区中山吉成二丁目3番1号に移転
平成15年  3月25日 宮城県民会館にて総裁秋篠宮妃殿下ご臨席のもとに、第54回結核予防全国大会開催
平成17年  3月31日 興生館全面改築
平成17年 11月 CT装置搭載の検診車導入
平成20年  4月 特定健康診査・特定保健指導業務を開始
平成22年  4月 胸部X線デジタル撮影装置搭載の検診車導入
平成25年  4月 1日 公益認定を受け、公益財団法人宮城県結核予防会に移行

情報公開

個人情報保護方針