公益財団法人 宮城県結核予防会

トップ > 新型コロナウイルス感染症予防の取り組みについて(お願い)

【重要】 新型コロナウイルス感染症予防の取り組みについて(お願い)

 当法人では、現在新型コロナウイルス感染症予防のため、細心の注意を払い健康診断、外来診療を実施しております。
 受診される皆様におかれましては、感染拡大の予防についてご理解いただき、以下のとおりご協力をお願い致します。


▶健 康 診 断
●以下のいずれかに該当する方は、公益社団法人 日本人間ドック学会の指針に則り、健康診断の受診を見合わせていただいております。
・のどの痛み、咳などの風邪症状や嗅覚(におい)、味覚(あじ)の低下といった症状のある方
・37.5℃以上の発熱がある方
・健診を受診される1週間以内に、37.5℃以上の発熱があった方
・2週間以内に、新型コロナウイルスの患者やその疑いがある患者(同居者・職場内での発熱含む)との接触歴がある方
・2週間以内に、法務省・厚生労働省が定める諸外国への渡航歴がある方(およびそれらの方と家庭や職場内等で接触歴がある方)


※発熱に関しましては、解熱剤等の服薬をしない状態で、37.0℃未満の状態が2週間以上経過しましたら健康診断の再予約をお受けいたします。

●肺機能検査についても、当面の間中止させていただきます。



▶ 外 来 診 療
●定期的に受診されている患者様につきましては、医師の指示に従って来院願います。

●のどの痛み、咳などの風邪症状や、発熱のある(あった)方につきましては、事前にご連絡をいただきますようお願いいたします。   
 □複十字健診センター 022-719-5161 仙台市青葉区中山吉成2-3-1
 □健康相談所興生館  022-221-4461 仙台市青葉区宮町1-1-5

「風邪症状での医療機関のかかり方」
【新型コロナ感染症リーフレット】2020年04月06日更新
(感染症倶楽部シリーズ統括代表 ながたクリニック院長 永田先生) より一部抜粋



▶ 当施設における具体的取組
来院時の手指消毒、マスク装着のお願い
来院される方には、入館前に手指消毒とマスクの装着をお願いしております。

待合室における座席の間隔確保と換気の実施
待合室の座席につきましては、一定の間隔をあけてお座りいただいております。 なお、混雑時には時間を区切って入場を制限させていただく場合もあります。 また、館内の換気につきましても、定期的に実施しております。そのため、多少肌寒さを感じることがあるかもしれませんがご了承願います。

施設内の消毒
ドアノブ、階段の手すり、健診ファイルなど、受診される方が接触する箇所を定期的に消毒しております。 また、職員も新型コロナウイルス感染症に対応した標準予防策の徹底を図り、感染予防に努めております。



▶ 新型コロナウイルス感染症とBCGの関係について
 新型コロナウイルス感染症の予防に、BCGワクチンが有効かもしれないと考える研究者による研究が始まっておりますが、現時点では有効性は確認されておりません。  
 また、適応外で接種した場合の様々な副反応への対応が問題ですし、公的補償が得られない可能性も考えられることから、当法人としましては、研究結果が出ないうちは、新型コロナウイルス感染症予防のためのBCG接種は行っておりません。

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)とBCGワクチンの接種に関して
2020年4月6日付 一般社団法人 日本結核・非結核性抗酸菌症学会よ



上記の対応により、通常よりも待ち時間、所要時間が長くなることがあるかもしれませんが、今回の趣旨をご理解いただき、皆様にできるだけ安心してご受診いただけますよう対応してまいります。



<< 前のページに戻る

ページのトップへ戻る